これまでも、これからも、サイクリストとともに走り続けるパールイズミの歴史を紹介します。

パールイズミブランド シンボルマーク

パールイズミブランド シンボルマークパールイズミブランドのシンボルマークは、「清水(きよみず)」が沸き出す泉の、深く清らかな色です。
サイクルウェアを進化させてきた、パイオニアブランドの歴史・信頼・誇りを表しています。

ブランド・タグライン “ride on together”

私たちがユーザーの皆様とともに向かう先は、想像を超える快適性であり、かつてない喜びや栄光であり、そしてまだ見ぬ感動です。
自転車を愛するすべてのサイクリストと感動を分かち合いたいという想いが込められています。

1950

個人商店として発足

個人商店として発足パールイズミは、長野県飯田市の山間で育った創業者である清水釿治が、幼い時から清く湧き出る泉を生活用水として使用していたこともあり、常に光り輝く真珠の如く、その清水(きよみず)が、大地よりとめ処もつきぬ泉として湧き出る様に、新鮮で素晴らしい製品を創造し続けたいという願いを込め名付けられる。
その精神はパールイズミ ブランドの根源となり、現在では、かつて自転車競技選手であった現会長の清水弘裕が自らその製品を使用しながら、最新のテクノロジーを快適な製品づくりに反映させ、世界のトップアスリートへ製品を送り続けている。

1960

個人経営を法人組織に改組、「有限会社清水釿治商店」設立

1963

「パールイズミ」を商標登録

1964

サイクルウェアの企画・製造販売を開始

1968

メキシコオリンピックメキシコオリンピックより日本ナショナルチームにウェアサプライを開始

1971

対米向けサイクルウェア輸出開始、アメリカ市場へ進出

1978

立体裁断による「エアロカット」採用のウェアを開発

エアロカット

自転車のライディングフォームを解析した独自の立体裁断技術による「エアロカット」を確立。
風の抵抗を一番の敵とする自転車競技において、アスリートの体力消耗の軽減を実現化した。
このパターンはパールイズミの基礎として、多くのアスリートを栄冠に導き続けている。

1981

「パールイズミ有限会社」に社名変更

1990

スバル モントゴメリー チームにウェアサプライを開始

1991

クアーズライト、スペシャライズド チームにウェアサプライを開始

1992

自転車トラック競技世界選手権にてオーストラリア ナショナルチームにウェアサプライを行い、ダニー・クラークがドミフォン競技で金メダルを獲得

業界に先駆け、UVカット機能素材を採用したウェアを発売

1993

ジョントマックにウェアサプライを開始

アメリカ ナショナルチームとアトランタ オリンピックへ向けPROJECT’96をスタート 自転車トラック競技世界選手権にてレベッカ・ツイッグ(米国)が3000m個人追い抜きで優勝

1994

自転車トラック競技世界選手権にてマーティン ノースタイン(米国)がスプリント、ケイリン2種目を制覇

レベッカ・ツイッグ(米国)が30km タイムトライアルで優勝

1996

アトランタオリンピックで日本ナショナルチームにウェアサプライを行い1km タイムトライアルで銅メダルを獲得

その他、アメリカ、カザフスタン、中国等各ナショナルチームにウェアサプライを行う

1997

画期的な冬用ウェア素材「ウィンドブレーク®」が誕生

1999

米国スポーツ医学博士と開発を行った
プレッシャーリリーフ テクノロジー採用の「PRTパッド」を発表

PRT-PADパールイズミのパッドを世界に知らしめた『PRTパッド』。
2002年には、このパッドをさらに進化させた『3Dパッド』の開発へと繋がっていく。

2001

ファッサ ボルトロ チーム(2000年UCIランキング3位)にウェアサプライを開始

2002

少数受注、短納期の革新的カスタムオーダーシステム「システムU」発表

軽量と剛性を両立する「I-BEAM」採用のサイクリングシューズを発売

ツール・ド・フランスでイヴァン・バッソ(ファッサ ボルトロ)がマイヨ・ブランを獲得

パールイズミ シューズがツール・ド・フランス博物館に展示される

2003

アレッサンドロ・ペタッキ(ファッサ ボルトロ)がジロ・デ・イタリアで6区間優勝、ツール・ド・フランスで4区間優勝を果たす

アレッサンドロ・ペタッキ2001年からウェアサプライをしていたファッサ ボルトロ所属のアレッサンドロ・ペタッキがジロ・デ・イタリアで6区間優勝、ツール・ド・フランスで4区間優勝、ブエルタ・ア・エスパーニャでも5区間優勝を果たすなど大活躍。日本発のパールイズミのパッドが世界のアスリートの勝利を数多く支えることとなった。ルックスと履き心地感を変える革新的なランニングシューズを発売

2004

アテネオリンピックで日本ナショナルチームにウェアサプライを行い、空気抵抗軽減素材「スピードセンサー®」を採用したエアロスーツを着用し出場した男子チームスプリントにて銀メダルを獲得

アテネパラリンピックにて、日本ナショナルチームにウェアサプライタンデムスプリントで銀メダル、ロードレースで銅メダルを獲得

2005

軽量と剛性を極めたチタンソール採用「オクタン」発表

2007

抜群の操作性で長時間のライディングでも疲れないグローブの超立体構造コンセプトを「トライディーシステム®」として登録

2008

重ね着やコーディネートが簡単にできる温度帯別カラータグシステムを導入

2009

夜間走行時の視認性を高めるLEDライトを発売

2010

なめらかな着心地を追求した縫製技術、シームレステクノロジーを採用したウェアを発売

サイクルウェアの機能性と街にとけ込むデザイン性を両立させたデイリーウェア「FREEASY」を発表

2011

衣服内温度を下げ、涼しく、日焼けしない画期的素材「コールドブラック®」を採用したウェアを発売

2012

着用感を極限まで軽減し、いかなる乗車姿勢にも対応する最高峰パッド『3D-ネオプラス』を発表

3D-ネオプラストップアスリートを数々の栄光へ導き、その圧倒的なクオリティで、多くのサイクリストから支持されるパールイズミのパッド。
2012年、フラッグシップパッドが登場。

ロンドンオリンピックにて日本ナショナルチームにウェアサプライ

ロンドンパラリンピックにて日本ナショナルチームにウェアサプライ
男子ロードタイムトライアルで銅メダルを獲得