伸縮性が決め手の自転車ウェアに『シームレス縫製』を採用

パールイズミは素材の革新的な新機能のみならず、着心地の快適性にも常にこだわり続けてきた。
最高の着心地を追求した結果、開発された革新の縫製技術が『シームレス縫製』である。

シームレス縫製は、当時、伸縮性の無い生地には採用されていたが、自転車ウェアのような、高い伸縮性が求められる商品に採用することは困難とされてきた。
しかし、長い年月をかけ、縫製メーカーと共に研究を重ね、ついに商品化にたどりつく。
あわせた布を高周波接着によってつなぎ、そこに特殊なテープを貼り付ける方法。だから肌面の縫い目はフラット。複雑かつ細かな工程を繰り返す事により、驚くほど肌になめらかで、着心地の良いウェアの開発に成功した。

シームレス裁縫