Q. アイテムごとの洗濯方法を教えて下さい。

基本的には通常の衣類と同様、洗濯機で洗うことができます。
洗剤は洗濯用の中性洗剤をご使用下さい。漂白剤、柔軟剤およびそれらが入った洗剤、また蛍光漂白剤の入った洗剤はご使用にならないで下さい。
洗濯機を使用する場合は、他の洗濯物を傷つけないためにも、ファスナーやベルクロは閉じて、さらにネットへ入れて洗うことをお薦めします。
色物につきましては、色落ち、色移りの恐れがありますので、単体で洗ってください。
タンブラー(回転式)乾燥機は、縮みの原因となりますので、ご使用にならないでください。
各アイテム別の洗濯例は以下のとおりです。
また、洗濯をされる前には、商品についている「お取扱い方法」を必ずお読みください。

●ウィンドブレーク ジャケット、ウィンドブレーク ライト ジャケットなど
洗濯機で洗えます。他の洗濯物を傷つけないためにも、ファスナーやベルクロは閉じて、さらにネットへ入れて洗うことをお薦めします。

●ウィンドブレーカー、レインウェアなど
防水アイテムの洗濯方法で一番のお薦めは、濡れたタオルなどで汚れをふき取り、その後、湿度の低い場所に干して十分乾燥させる方法です。 洗濯機を使用する場合、脱水はしないで、手洗いの場合と同様に、軽く絞る程度にして下さい。

●裏起毛素材のジャージなど
洗濯機で洗えます。他の洗濯物を傷つけないためにも、ファスナーやベルクロは閉じて、さらにネットへ入れて洗うことをお薦めします。

●パッド付きパンツ、タイツなど
洗濯機で洗えます。パッドの汚れをより入念に落としたい場合、裏返しにしてパッドを表面に出してから洗って下さい。またパンツの場合、パンツそのものが毛玉になりやすいこと、タイツの場合は足首のファスナーで他の洗濯物を傷つけないためにも、ネットに入れて洗うことをお薦めします。

●半袖ジャージやアンダーウェア、グローブ以外のアクセサリー
洗濯機で洗えます。夏物のサイクルジャージやアンダーウェアはデリケートな素材のため、他の洗濯物との摩擦で毛玉になりやすいので、ネットに入れて洗うことをお薦めします。
サイクルキャップなどツバのついたものは、折れないようにご注意ください。

●グローブ
冬物、夏物ともに洗濯機で洗えます。ベルクロ部分で他の洗濯物を傷つけないよう、ネットに入れて洗うことをお薦めします。なお、本革のグローブは色落ち、色移りの恐れがありますので、単体で洗ってください。

Q. 夏物、冬物の保管方法は?

袋から出るガスにより劣化の恐れがありますので、ビニール袋から出して、風通しの良い直射日光の当たらない場所で保管して下さい。汗や汚れは劣化の原因となるため選択後の状態で保管して下さい。

サイクルウェアの洗濯、お手入れにつきましては、下記をご参照下さい。
http://www.pearlizumi.co.jp/goods/clean