洗濯の基本

  1. 通常の洗濯物と同様に洗濯機 で洗濯できます。
  2. 各アイテムについている洗濯表示を確認してください。
  3. 洗剤は洗濯用中性洗剤を使用してください。

!漂白剤、柔軟剤、およびそれらの入った洗剤、また、蛍光増白剤の入った洗剤は使用しないでください。
!固形石けん(アルカリ性)は色落ちの恐れがあるため、使用しないでください。

アイテムごとの洗濯方法

1.ウィンドブレークジャケット、ソフトシェルジャケットなどの防風フィルム等をラミネートしたアイテム

customer_service_phone

洗濯機で洗えます。他の洗濯物を傷つけないためにも、ファスナーやベルクロは閉じ、更に洗濯ネットに入れることをおすすめします。

2.ウィンドブレーカー、レインアイテムなどの防水アイテム

customer_service_phone

おすすめは、濡れたタオルなどで汚れをふき取り、その後、湿度の低い場所に干し十分乾燥させる方法です。
洗濯機を使用する場合、脱水はお避けください。手洗いする場合も、強く絞らないでください。
洗濯機、手洗いともすすぎを十分に行うこ とがコツです。洗剤が残っていると、生地の劣化や防水機能の低下に繋がります。

3.裏起毛ジャージ

customer_service_phone

洗濯機で洗えます。他の洗濯物を傷つけないためにも、ファスナーやベルクロは閉じ、更に洗濯ネットに入れることをおすすめします。

4.パッド付きパンツ、タイツ

customer_service_phone

洗濯機で洗えます。パッドの汚れをより入念に落としたい場合は、裏返しにしてパッドを表面に出して洗います。
また、パンツの場合は、パンツそのものが毛玉になりやすいこと、またタイツの場合は、足首のファスナーで他の洗濯物を傷つ けないためにも洗濯ネットに入れることをおすすめします。

5.半袖ジャージ、アンダーウェア、グローブ以外のアクセサリー

customer_service_phone

洗濯機で洗えます。特に夏のジャージやアンダーウェアはデリケートな素材でできており、他の洗濯物との摩擦によりすぐ毛玉になってしまいますので、洗濯ネットに入れることをおすすめします。
サイクルキャップなどツバのついたものは折れないよう手洗いをおすすめします。

6.グローブ

customer_service_phone

夏物、冬物ともに洗濯機で洗えます。ベルクロ部分で他の洗濯物を傷つけないよう洗濯ネットに入れることをおすすめします。なお、本革のグローブについては、色落ち、色移りの恐れがありますので単体で洗ってください。

乾燥について

  1. いずれのアイテムも、直射日光を避け風通しの良い場所で乾燥させてください。
  2. 中綿入りのウェアやグローブは特によく乾燥させてください。
  3. パッド付きパンツやタイツは、パッド面を表に出して干すとより早く乾きます。

乾燥機は絶対に使用しないでください。

保管について

  1. 季節の変わり目など長期保管の前には必ず洗濯し、汗や体脂、日焼け止めローションなどの汚れを落とし、清潔な状態で保管してください。
  2. 湿度が低く、風通しの良い直射日光の当たらない場所で保管してください。ビニール袋での保管は避けてください。

製品についてのご注意点

ヒーターグローブ、LEDバンドなど電気器具を含む製品について

ヒーターグローブ、ヒーターシューズカバーなどの電気製品は、必ずバッテリーやパネル、配線などの電気機器部分と布地を分け、電気機器部分は絶対に水に浸けないでください。機器の故障、感電の原因となり危険です。

経年劣化について(ウェアは消耗品です / 買い替えの目安)

サイクルウェアやシューズは、消耗品ですので永久に使用することはできません。経年劣化は使用環境や温度、保管場所の状況、洗濯方法などにより、その機能持続性は異なります。

ジャージやアンダーウェアなどは、毛羽立ちがひどくなってきたり、生地が摩耗して 薄くなったり、目が詰まってきたら買い替え時です。
パンツやタイツはパッドがへたってきたり、パッド周りのパンツ素材が薄くなったり伸びたら(摩擦により、素材中のゴム素材が切れて飛び出してくることがあります)買い換えてください。

※使用頻度により異なりますが、通常ポリウレタンの経年劣化は3~4年と言われています。

Q よくあるご質問

Qクリーニングに出しても良いですか?

ドライクリーニングはお避けください。プリントマークや生地を傷める恐れがあります。

Q乾燥機に入れても良いでしょうか?

アイテムに関わらず、タンブラー(回転式乾燥機)の使用は縮みの原因となりますので絶対におやめください。

Q洗濯機洗いと手洗いはどちらが良いでしょうか?

どちらでも問題ありませんが、どちらで洗った場合も「すすぎ」をしっかり行うことがウェアを長持ちさせるコツとなります。洗剤が残っていると、吸汗速乾性、撥水性などの機能の低下や素材の劣化を早めることとなります。
手洗いの場合、生地をゴシゴシ擦るような洗い方は毛玉の原因になりますのでお避けください。

Q色ものは色落ちしてしまいますか?

アイテムに関わらず、水または汗を含んだ状態での長時間の放置や、袋に入れたまま放置されたり、洗濯液に長時間浸けておいたりすると色落ちや色移りする可能性がありますので、お避けください。

Qウィンドブレーカーやレインアイテムに撥水スプレーをしても良いですか?

着用頻度が多かったり、期間が長くなると、摩擦や汚れの付着により撥水性が低下してきます。この撥水性の低下は避けられません。その際、適切な撥水スプレーを使用することは、ウィンドブレークジャケットやソフトシェルジャケットへの使用も含め問題ありません。
但し、撥水スプレーは屋外で使用し、誤って吸い込まないようご注意ください。

Qアイロンはかけても良いのか?

基本的にはアイロンは使用できます。但し、アイテムにより使用できない物や、使用温度が異なりますので、洗濯表示を予め確認ください。